確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

これをやれば大体の人はリバウンド防止できる

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回はリバウンド防止の為には何をすればいいかをお話ししていきます。出来るだけ続けやすい方法を紹介しているので参考にしてください。

週に2~3回の筋トレを続ける

筋トレは代謝を高める事が出来るのでリバウンド防止に効果があります。頻度や時間は週に2~3回の1日30分程度で十分です。

出来れば全身の筋肉を鍛えた方が代謝も上がりやすいので、1週間で各部位が1回ずつ鍛えられるようなメニューを組みましょう。

胸、背中、脚、主にこれらの部位を鍛えておけば全身を鍛えられていると思っていいです。週に2回筋トレが出来るなら上半身と下半身で日を分けて行ないます。

週に3回できるなら胸、背中、脚と分けてもいいでしょう。

あと筋トレのやり方ですが、腕立て伏せやスクワットなどの自重トレよりは、マシンやダンベルなどの器具を使った方が効率よく鍛えられて筋肉も発達しやすいです。

そういった器具はジムに置いてあるので、筋トレをするならジムに通いながらの方がいいでしょう。

ジムでの器具の使い方やメニューの組み方は下のページを参考にしてください。

運動初心者の為の筋トレメニューの組み方【ジム編】

2018年8月3日

高タンパクを意識した食事を摂る

タンパク質を多めに摂るとお腹が膨れやすくなり自然と食べ過ぎを防ぐことができます。

これは友達に進めた方法なのですが、友達が食事制限に苦手意識を持っていたのでとりあえずタンパク質の摂取量を増やしてもらう事から始めてもらい、筋トレも週に2回程やるように勧めました。

するとどうなったかというと、その友達はお菓子を食べる量が自然と減り、ポッコリ出たお腹が見事凹んでいたのです。

タンパク質をたくさん摂る事以外は特に食事の制限はかけてなかったので、期間は1年ほどかかったのですが最初とは見違えるほどに痩せていました。

タンパク質の摂取量は1日に体重×2~3gが目安です。タンパク質はお肉やお魚、卵などから摂る必要があります。

ただタンパク質を摂るといっても脂っこいお肉ばっかり食べていたらカロリーの摂りすぎになっちゃうので、低脂肪で高たんぱくな食事を1日に1回くらいは取り入れる必要があります。

例えば鶏胸肉やささみは高タンパク、低脂肪です。食事で摂るのが難しければサプリメントがおすすめです。

特にプロテインはタンパク質以外の余計な栄養素が含まれていないので低カロリーです。食間や食事と一緒に飲むといいでしょう。

まとめ

●運動は筋トレを週に2~3回、1日30分を続けるだけでいい。

●プロテインなどを活用して高タンパクな食事を心がけると太りにくい。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能