確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

カロリーの減らしすぎによるデメリット

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回はカロリーの減らしすぎによるデメリットをお話ししたいと思います。

痩せなくなる?

カロリーを減らし過ぎると身体が防衛モードに入り痩せなくなる事があります。

食べ物が満足に食べれなかった時代はこの防衛モードが働いてエネルギー消費を抑える事が出来ていたので人々は生き延びる事が出来ていたのですが、ダイエットではそれが裏目に出てしまいます。

なのでダイエット中といえども、防衛モードに入らないようにするために最低限の栄養摂取が必要なのです。

防衛モードに入らないようにするためには1日に最低でも基礎代謝以上のカロリーを摂る必要があります。

筋肉が分解され痩せにくい身体になる

カロリーが足らなさすぎると筋肉が分解されやすくなります。

そうなると代謝も落ちてしまうのでリバウンドしやすい身体になってしまうのです。

なので筋肉を落とさずに痩せるためには先ほど言ったように基礎代謝以上のカロリーを摂る事と、あとはタンパク質をしっかり摂る事を意識してください。

タンパク質は筋トレの材料になるので、筋肉を増やしたり維持するためにも必要なのです。

1日に体重×1g、普段運動や筋トレをしている人は体重×2gのタンパク質を摂るようにしてください。

タンパク質を摂りたいなら低カロリーのサプリメント、プロテインがオススメです。

食欲が暴走しやすい

食べる量を減らせば減らすほど空腹感は強くなります。

極限の空腹状態のままダイエットを長く続けられるはずがなく、いずれは我慢の限界がきてしまいます。

その時に食欲のタガが外れ暴飲暴食に走りやすくなってしまうのです。

短期間で痩せたいのは分かりますが、先程は言ったように極端なカロリー制限は防衛モード、代謝の低下を招くので結局痩せないのです。

痩せないストレスと空腹のストレスが合わさって食欲の暴走が起こるのです。

まとめ

極端なカロリー制限は脂肪が減らなくなる防衛モード、筋肉の分解と代謝の低下、食欲の暴走を引き起こすというデメリットがあります。焦らず適度に食べながらダイエットは行いましょう。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能