確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

リバウンドを防ぐ痩せ方

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

ダイエットの大きな悩みと言えばリバウンドですよね。リバウンドを防ぐ為には出来るだけストレスを溜めこまない必要があります。

そうはいってもダイエット中は空腹に悩まされたり食べられるものも限られてきます。そんな中で出来るだけストレスを溜めずにダイエットをする方法を今回はお話ししていきます。

摂取カロリーを減らしすぎない

リバウンドしやすい多きな原因が食べなさすぎる事です。摂取カロリーを減らせば痩せれる事は確かなのですが、減らしすぎも身体に良くないのです。

まずカロリーが少なすぎると飢餓状態になります。体内の栄養が足らなさすぎるので余分なエネルギーの消費を抑えるために身体は代謝を落とそうとします。

要するに代謝を下げるためにエンジンとなる筋肉が分解されます。するとますます痩せづらい体質になるのです。

こうなってしまうと、ずっと空腹を我慢してきたストレスとますます太りやすくなってしまった体質が合わさって、暴飲暴食を引き起こし前よりも太ってしまう事になるのです。

これを防ぐ為にはまずきちんとした摂取カロリーを設定する必要があります。

適度な摂取カロリーの決め方

ダイエット中の摂取カロリーを決めるときはまず自分の1日の消費カロリーを知る必要があります。消費カロリーを求める計算はうちのサイトで出来るのでこちらのページを参考にしてください。

1日の消費カロリー計算

この計算により出たあなたの1日の総合消費カロリー数より-500kcalくらいを差し引いた数字が適度に痩せれる摂取カロリーになります。

タンパク質中心の食事に切り替える

タンパク質を摂取しないという事はその分不健康になります。タンパク質は筋肉や皮膚、臓器のあらゆる部位を構成する為に使われる栄養素になるのでしっかり摂取しないといけません。

またタンパク質中心の食事に切り替えると食事の満腹感や満足感の感じ方が高まります。

ある研究では参加者たちにタンパク質の摂取量を増やした食事を摂ってもらったグループと、普段通りの食事を摂ってもらったグループに分け研究を行なった結果、タンパク質の摂取量を増やしたグループは摂取カロリーを自然に減らせていたことが明らかになっています。

タンパク質の摂取量を増やしたいなら、肉や魚、卵や大豆から摂取できますが手軽に摂りたいのならプロテインなどがおすすめです。プロテインを間食にしていただくと空腹も多少は落ち着くでしょう。

まとめ

●リバウンドの原因はほぼ食べなさすぎにある

●適度な摂取カロリーを決めないとダメ

●タンパク質の多い食事は腹持ちしやすい

 


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能