確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

体重が減らない様々な原因

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は体重が減らない様々な原因をお話ししていきます。

代謝が落ちている

運動不足の方は年々筋肉が落ちていくので食べる量があまり変わらなくても痩せにくくなっています。

代謝が落ちるのを防ぐには筋肉に刺激を与えてあげるといいです。特に筋トレを中心とした運動をする事によって代謝を高める事が可能です。

食事制限をしても中々痩せにくい人は筋トレを取り入れてみると体重が減っていくと思います。

また筋肉が付けば身体にもメリハリが生まれるので、ただ痩せるよりは筋肉を付けたほうが引き締まって見えます。

筋肉を大きくしたいなら、それなりの重量を扱った方がいいので、マシンやダンベルなどの器具を使った方が効率よく鍛える事ができるでしょう。

カロリー計算をしていない

食事制限をしているつもりでもカロリーをきちんと管理していないと痩せにくいです。自分が思っていたよりも意外とカロリーを摂っていたという事もよくある事です。

例えば高カロリーなジャンクフードを食べていたり、飲み物は糖質が含まれた物を飲んでいたりなどです。脂質や炭水化物が同時に含まれている物は特に高カロリーですし、ジュースは500mlで200kcalはあります。

とりあえず口にするものは全部カロリーを計算するつもりでいてください。そして不要な物は口にしないようにしましょう。飲み物は水かお茶で十分ですし、外食も出来るだけ避けてください。

タンパク質をしっかり摂っていない

タンパク質をしっかり摂っている人と摂っていない人とでは、同じカロリー摂取でも体重の減りはタンパク質をしっかり摂っている人のほうが大きいらしいです。

何故そうなのか理由ははっきりしていませんが、タンパク質は筋肉を作る材料でもあるので、タンパク質を多く摂る=筋肉が維持でき代謝の低下を防ぐ、という事ではないかと個人的に思っています。

またタンパク質はお腹が膨れやすく食欲を抑えてくれる効果もあるので、しっかり摂れば自然と食べ過ぎを防ぐことも可能です。

タンパク質をしっかり摂りたければ、1日に体重×1g、普段運動や筋トレをしている人は体重×2~3gほど摂りましょう。

運動だけに頼っている

運動を頑張ってもそれ以上に食べてしまっていては痩せる事はできません。確実に痩せたいなら、運動と食事制限の両方をやる事が一番いいです。

食事制限も先ほど言ったようにカロリー計算が必要になりますが、痩せるためには摂取カロリー<消費カロリーにしないといけないので、ご自身の消費カロリーより摂取カロリーが下回るようにしましょう。

ご自身の消費カロリーの計算はこちらからできます。

まとめ

●運動をしないと年々代謝が落ちていくので痩せにくくなってしまう。食事を制限しても痩せないなら運動を加えてみよう。

●意外とカロリーを摂取してしまっている場合もあるので、カロリーはきちんと計算し管理しよう。

●タンパク質をしっかり摂るとより痩せやすくなる。

●運動だけ頑張ってもそれ以上に食べ過ぎてしまったら痩せる事は出来ない。食事管理もセットで行なおう。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能