確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

甘いものが大好きで糖質制限が続かない人の解決法

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は甘いものが大好きで糖質制限が続かない人の解決法というテーマでお話ししていきます。

甘いものがやめられない時

炭水化物や糖質が大好きな人にとって糖質制限は辛いものだと思いますが、個人的に辛いのは最初だけだと思います。

僕も糖質制限をやり始めてから2週間くらいは甘いものが食べたいという欲求が消えませんでしたが、その後はあまり気にならなくなりました。

要は食べる物を変えたら体質が変わるのです。甘いものは中毒性があるので最初は我慢しなければなりませんが、それを乗り越えたら平気になります。その期間が大体2週間なのです。

もちろん人によって慣れる期間は違うと思いますが、短期間で体質を変えるコツとして、中途半端な糖質制限はしないのと糖質制限中は極力炭水化物や糖質を摂らないようにする事が大事になります。

中途半端に糖質を摂っているとその分痩せるのが遅くなる上に甘い物への欲求がおさまりづらくなるのです。

糖質制限は糖質を完全に絶つという気持ちで行なえば短期間で痩せますし、甘い物への誘惑を早く断ち切る事が出来るでしょう。

甘い物は近くに置かない、買わない

すぐ手の届くところに甘い物やお菓子が置いてあると誘惑に負けやすくなります。

なので糖質制限中は一切そういったものは買わないようにしましょう。僕自身もこのやり方で甘い物やお菓子を絶つことができたので、これを見たあなたは今すぐ甘い物は近くに置かない、買わないを守りましょう。

甘い物が食べたくなった時の気の紛らわし方

甘い物がどうしても食べたくなった時は人工甘味料の食品がおすすめです。例えばコーラやアクエリアスでカロリー0と表記されたものですね。ああいったものは甘く感じるのに糖質が全く入っていないんです。

他にもカロリー0のゼリーなどが販売されてます。コンビニやスーパーで普通に置いてあるのでどうしても甘い物が摂りたくなった時はこれらの商品を使ってください。意外とすっきりします。

カロリーはある程度摂る事

摂取カロリーが少なすぎると食欲が膨れ上がるので、どんなダイエットでも基本的にはある程度カロリーを摂らなければなりません。

どれくらいカロリーが必要かというと、最低でも基礎代謝を上回るくらいは摂りたいところです。

摂取カロリーが基礎代謝を下回ると空腹感が強くなり食に対する誘惑に負けやすくなります。そういう状態の時って炭水化物や糖質を思いっきり食べまくりたくなるんですよね。

糖質制限中は炭水化物と糖質が摂れないので、代わりにタンパク質と脂質でカロリーを補いましょう。

全体のカロリーの割合で言うとタンパク質が15~30%、脂質が60~75%くらい摂れていれば大丈夫です。

タンパク質と脂質はお肉やお魚、卵やチーズなどで摂取できるので、糖質制限中はこれらをメインで食べるようにしてください。

まとめ

●甘い物への欲求は糖質制限を始めて2週間くらいで収まる。

●甘い物などは近くに置かない、買わないようにしよう。

●どうしても甘い物が摂りたくなった時は人工甘味料の食品がおすすめ。

●摂取カロリーが低すぎると食欲が暴走しやすい。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能