確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

筋トレしているのに体脂肪が落ちない原因

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は筋トレをしているのに体脂肪が減らないという悩みを持った方に対して解決策をお話ししていきます。

測定器は100%正確ではない

見た目は絞れてきているのに測定したら体脂肪があまり変わってなかった・・・実はこういった事はよくあるのです。

測定器も100%正確ではありません。見た目が絞れてきているのなら確実に脂肪は減っているのであまり気にしないようにしましょう。

重要なのは見た目です。

見た目が絞れていない時は?

お腹のお肉がつまめたりまだ贅肉が残っている感じならば体脂肪は減っていないのでしょう。

何故筋トレをしても脂肪が減らないのか?それは摂取カロリー<消費カロリーになっていないからです。

筋トレをしたら消費カロリーは増えますが、それ以上に食べていたら脂肪は減らないでしょう。

週に2~3回、1日30分程度の筋トレでも食事管理がちゃんとできていれば痩せる事はできます。

一度摂取カロリーを計算してみましょう。そしてご自身の消費カロリーよりも下回っているかチェックしてみてください。

ご自身の消費カロリーが知りたい場合はこちら

筋トレを無駄な物にしない為に

せっかく筋トレをやっているのにそれが無駄になってしまう場合もあります。

それはタンパク質不足です。

タンパク質は筋肉を作る材料なのでこれが不足すると筋肉が作られません。せっかくの筋トレが無駄になってしまいます。

普段筋トレをしている人ならタンパク質を1日に体重×2~3gほど摂るようにしましょう。

タンパク質を摂るならお肉やお魚、卵などから摂取する必要がありますが、脂質やカロリーが気になる場合は脂身の少ない鶏胸肉、ささみを食べるようにするか、もしくはプロテインを飲みましょう。

プロテインはタンパク質以外の余計な栄養素が含まれていないので低カロリーです。

筋トレはちゃんと行えているか?

筋トレはしっかりと負荷をかけないと意味がありません。筋トレで大事なのは、フォーム、重量、回数です。

フォームが正しくなければ目的の部位に効かせる事はできません。正しいフォームを覚えるならパーソナルトレーニングなどを受けて直接指導してもらうか、本や動画をみて勉強するかです。

次に重量ですが、筋肥大に適した重量を選びましょう。何十回も出来るような重さでは筋肉にたいした刺激は入らないので、大体1セット中に10回前後で限界がくるような重さを選ぶといいです。

まとめ

●体脂肪率は変わらなくても見た目が絞れてきているなら気にしなくてもいい。

●見た目が絞れていないのなら摂取カロリー<消費カロリーになっているかチェックしよう。

●筋トレをしてもタンパク質をしっかり摂らないと筋肉は付かない。

●効率よく筋肉を付けたいならそれなりの負荷を与えないといけない。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能