確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

筋肉を落とさずに脂肪だけを落とす正しい食事とトレーニング方法

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

「ダイエットして脂肪は減ったけど筋肉も減ったような気がするな・・・」こんなことはありませんでしたか?

実はダイエット中に筋肉が落ちてしまう原因は食事とトレーニングが間違っている可能性があります。この2つができていないとカッコイイ身体を維持したまま絞る事ができません。

今回は筋肉を落とさずに脂肪だけを上手く落とす正しい食事とトレーニング方法を教えていきたいと思います。

筋肉を落とさないトレーニング方法

筋肉を落とさない為には筋トレのやり方を見直す必要があります。

そこで重要なのは筋トレ時の重りを軽くしないという事です。

ダイエット中はエネルギー不足により筋力が落ちやすくなります。なので持ち上げる回数が少なからず減ってしまいます。

そこで重量を落としてしまうと筋肉の維持が難しくなります。何故なら人間の身体は環境によって変わってしまうからです。

実際に筋トレをしていてどんどん重量を重くしていけば脳が「ヤバい、今の身体じゃこの環境に耐えられない」と判断し筋肉を付けるようになります。

逆に全くトレーニングをしなくなった人は筋肉が衰えて小さくなっています。これは筋肉がなくてもこの環境であれば大丈夫だと脳が判断しているからです。

なので重量を落としてしまうという事はその分楽な環境になるのでそれに適した身体に戻ろうとします。つまりこれが筋肉が落ちてしまうという原因なのです。

筋肉を落とさずに脂肪を落とす食事方法

筋肉が落ちやすいのは食事量の少なさと栄養の摂り方に問題がある場合が多いです。

カロリー収支をマイナスにしない事には痩せる事は出来ませんが、何も考えずに極端に食事量を減らしすぎたりきちんとした栄養が取れていないと筋肉は落ちやすくなってしまいます。

まず筋肉を維持するためにカロリー摂取は基礎代謝を下回らないようにする事と、タンパク質をしっかり摂ることを心がけます。

基礎代謝は生命を維持するために最低限必要なエネルギー量なのでこれを下回ってしまうカロリーしか摂っていないと筋肉が分解されやすくなってしまいます。

ダイエット時の摂取カロリーは少なすぎず、摂りすぎずです。ダイエット時の摂取カロリーを決めるときはこちらのページを参考にしてください。

ダイエット時のカロリー設定

2019年5月18日

そしてタンパク質も筋肉を作る上で必要な栄養素なのでしっかり摂らないといけません。タンパク質の摂取量目安は体重×2~3gほどです。普段筋トレをしている人ならばこれくらい摂っておきましょう。

まとめ

●筋トレの重量を落としてしまうと筋肉も落ちやすくなってしまう。

●摂取カロリーが少なすぎると筋肉が分解されやすくなってしまう。基礎代謝以上のカロリーは摂取する事。

●タンパク質は筋肉を作る上で重要な栄養素。筋トレしている人は体重×2~3g摂取する事。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能