確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

糖質制限で体脂肪減らない原因

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は糖質制限で体脂肪減らない原因というテーマでお話ししていきます。

確実に痩せる糖質制限の具体的なやり方を紹介しているので是非最後までお読みください。

どんなダイエットでもカロリー収支はマイナス

どんなダイエットでも共通する部分があります。それは摂取カロリー<消費カロリーにする事です。

糖質制限でも同じで、糖質を制限すれば痩せるというわけではなく、他の栄養素を多く摂りすぎていれば中々痩せる事は出来ないでしょう。

なので痩せないという方はご自身の摂取カロリーを1度計算してみて、それがご自身の消費カロリーを上まっていないか確認してください。

ちなみにご自身の消費カロリーの計算は下のページから行えます。

1日の消費カロリー計算

糖質は1日50g以下

糖質制限中は身体のエネルギー源を「ケトン体」に変えるために1日の糖質摂取量を50g以下に抑えます。

ケトン体

ケトン体とは脳や筋肉のエネルギー源である糖質(グルコース)が何らかの理由で利用できない時に代わりのエネルギー源として使われる物質。

ケトン体が体のエネルギー源として使えるようになればダイエットは順調に進みます。炭水化物や糖質を極力抑えるようにしましょう。

タンパク質と脂質をしっかり摂る

タンパク質と脂質を疎かにするとカロリーが足らなさすぎて飢餓状態に陥ります。こうなると代謝も下がり、身体が脂肪を溜めこもうとするのでタンパク質と脂質である程度カロリーを補わなければなりません。

タンパク質は全体のカロリーの15~30%、脂質は60~75%ほど摂ります。

この2つの栄養素で最低でも基礎代謝を上回るくらいはカロリーを摂りましょう。タンパク質と脂質が豊富なのはお肉やお魚、卵やチーズなどです。これらをメインに食べるようにしてください。

運動をして消費カロリーを増やす

運動をすれば消費カロリーが増えて痩せやすくなります。適度な頻度で行なえばダイエットの助けになるので週に2~3回ほど行いましょう。

1日30分もできれば十分です。ジムなどに通えば様々な器具を使ったトレーニングが出来るので近くにジムがあれば是非通いましょう。

まとめ

●糖質制限ダイエットでも摂取カロリー<消費カロリーは守らなければならない。

●炭水化物や糖質の摂取量は1日50g以下に抑える。

●タンパク質と脂質をしっかり摂らないと駄目。

●適度に運動すれば消費カロリーが増え痩せやすくなる。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能