確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

糖質制限ダイエット、効果はいつから表れる?

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は糖質制限ダイエットの効果はいつから表れるのかという事をお話ししていきます。

始めてみたのはいいけれどなかなか効果を実感できない、正しく行えているのか不安、などの悩みをお持ちでしたら是非最後までお読みください。正しい糖質制限のやり方などを具体的に説明します。

糖質制限の効果が出てくるのはいつから?

僕個人も糖質制限をやってダイエットに成功した経験を持っています。やり始めて大体2週間くらいが経った頃でしょうか、体重がするすると落ち始めて見た目にも変化が現れてきました。

つまりちゃんとできていれば2週間くらいで効果が現れると思います。もちろん効果の表れ方は個人差によると思いますが、体脂肪が多い人ほど見た目に変化がすぐ現れると思います。

1カ月もたっても全く体重に変動がなかったり、見た目が引き締まったりしなければ正しく糖質制限を行えていないでしょう。

正しい糖質制限ダイエットのやり方

正しい糖質制限のやり方はまず一つ目に、糖質摂取量を1日50g以下に抑えます。

二つ目は脂質をたくさん摂ること。

三つ目はタンパク質を全体のカロリーの15〜30%ほど摂ること、です。

これらの事を守れば健康的にスムーズに痩せる事ができます。

何故糖質摂取量が1日50g以下なのか

糖質制限ダイエットでは身体の主なエネルギー源を「ケトン体」に変える必要があります。

ケトン体

ケトン体とは脳や筋肉のエネルギー源である糖質(グルコース)が何らかの理由で利用できない時に代わりのエネルギー源として使われる物質。

このケトン体が身体のエネルギー源として使われるようになるためには糖質量を1日50g以下まで抑える必要があるという事です。

脂質をたくさん摂る必要性

糖質制限中は糖質は全く取れないので、代わりに脂質である程度カロリーを補う必要があります。

そうしないとエネルギーが足りなさすぎるので、飢餓状態になったり筋肉が分解されやすい状態になります。

ダイエット中でも摂取カロリーは最低基礎代謝を上回るくらいは摂らなければなりません。その為にも高カロリーな脂質を気にせずたくさん摂り、ある程度カロリーを補いましょう。

もしカロリーの摂りすぎを心配している場合でも、脂質は消化が遅く満腹感が持続しやすくあまり摂りすぎる事もありません。

全体のカロリーの割合としては60~75%を脂質で占める必要があります。

タンパク質の重要性

タンパク質は筋肉や身体の組織を作る重要な栄養素です。またタンパク質をある程度摂ると食欲を抑えてくれる効果もあります。

目安としては1日に全体のカロリーの15~30%をタンパク質で占める必要があります。普段運動や筋トレをしている人は30%に近づけるようタンパク質を摂りましょう。

摂取カロリーは意識するか?

どんなダイエットでも摂取カロリー<消費カロリーにしなければ痩せる事はできません。

ただ糖質制限の特徴は満腹感を感じやすいダイエット法でもあります。食欲を抑える効果があるタンパク質や腹持ちのしやすい脂質をたくさん摂る事によって自然と食べ過ぎを防ぐことが出来るのです。

やってみると分かると思いますが、逆に食べるのが大変という事もあります。タンパク質や脂質はそこまで大量に摂取できないからです。

基本的にはカロリーはそこまで気にせず、お肉やお魚、卵やチーズなどを食べていれば大丈夫です。

まとめ

●正しい糖質制限ができていれば1カ月たたずに見た目や体重に変化が現れる。

●糖質制限中の糖質摂取量は1日50g以下。

●ある程度カロリーを補うためにタンパク質と脂質をたくさん摂る事。

●糖質制限ダイエットはカロリーは気にせずとも自然と食べ過ぎを防ぐことができる。

 


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能