確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

糖質制限ダイエットは何故痩せるか?初心者でも分かりやすい仕組みを説明

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

今回は何故糖質制限で痩せる事が出来るのか?というのを初心者の方でも分かりやすいように説明していこうと思います。

これから糖質制限を始めようかと思っている方は参考になると思うので是非最後までお読みください。

糖質制限の食事は自然と食べ過ぎを防ぐことができる

まず糖質制限の食事方法を紹介します。糖質制限は炭水化物と糖質を制限しなければなりません。

どれくらい制限しなければならないかというと1日50g以下です。糖質50gというと炊いたお米がお茶碗1杯満たないくらいの量ですね。

ではただ糖質を制限するだけなのかというと違います。代わりにタンパク質と脂質をしっかり摂って頂きます。

タンパク質と脂質が含まれた食材といえばお肉やお魚などですね。基本的に脂のあるお肉やお魚を主食とした食生活になります。

この肉や魚に含まれたタンパク質と脂質が食べ過ぎ防止に効果があるのです。タンパク質はお腹が膨れやすく食欲を抑えてくれる効果があり、脂質は消化が遅く満腹感が持続しやすい栄養素です。

この2つの栄養素の効果によって自然と食べ過ぎを防ぐことが出来るのです。基本的にどんなダイエットでも摂取カロリー<消費カロリーにならなければ痩せる事は出来ません。

糖質制限の食事は自然とそのようになるので満腹になるまで食べてもカロリーオーバーになる事はないのです。

糖質制限中の食事内容

基本的に炭水化物や糖質はほぼ摂らない物とし、タンパク質と脂質だけでカロリーを補う形になります。

カロリーは最低でも基礎代謝以上は摂らないと健康に悪いので、タンパク質と脂質だけで基礎代謝以上のカロリーを摂取して下さい。

それぞれの栄養素の全体のカロリーの割合としては、タンパク質が15~30%、脂質が60~75%くらいがちょうど良いです。炭水化物は10%未満に抑えましょう。

普段筋トレや運動をしている人はタンパク質を30%近くまで摂ってください。

ちなみにそれぞれの栄養素の1gあたりのカロリー数は、炭水化物が4kcal、脂質が9kcal、タンパク質が4kcalです。

糖質制限中に食べれる物、食べれない物

糖質制限中は炭水化物や糖質の含まれたものは基本的にNGです。0gに抑える事は不可能ですが、1食で糖質量が10gを超えないように気をつけましょう。

●糖質が含まれるもの(お米やパンなどの穀類、芋類、甘辛い調味料、砂糖を使ったお菓子やジュースなど)

野菜の中でもニンジンやゴボウなどの根菜などは糖質が高めなので食べ過ぎは注意です。基本的に口にするものは「食材名+糖質量」と検索しあらかじめ調べておきましょう。

次に食べれるものですが、基本的に肉類や魚類は糖質がほぼありません。なので糖質制限中は肉や魚中心の食事になると思います。

ただしソースやタレなどの甘い調味料は糖質が高めなので、肉や魚の味付けは塩コショウのみにしましょう。

●糖質がほぼ含まれていない物(肉類、魚類、卵、チーズ、水やお茶など)

まとめ

●糖質制限で痩せる事が出来るのは自然と食べ過ぎを防ぐ事が出来るから。

●糖質制限中は主にタンパク質と脂質だけでカロリーを補う。

●糖質制限中は肉や魚などを中心に食べよう。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能