確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

糖質制限成功後も糖質制限を続けないとリバウンド防止できないのか?

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

糖質制限で痩せてもその後ずっと糖質を制限し続けなければリバウンドを防止できないのか?今回はそういった疑問にお答えしたいと思います。

糖質は摂ってもいいけどある程度の食事管理は必要

糖質制限が終わったら普通に炭水化物や糖質を摂ってもリバウンドしません。ただしある程度の食事管理は必要です。

気をつけなければいけないのは脂質の摂取量です。脂質は糖質と一緒に摂ると太りやすいため、糖質を摂り始めたら脂質はある程度制限しなければなりません。

制限すると言っても脂っこい物を食べ過ぎなければ問題ないですが、目安としては1日の摂取カロリーの20~30%程度が理想です。

食べ過ぎなければ太る事はない

糖質を摂ったとしても全体の摂取カロリーがそこまで高くなければ太る事はありません。

1日の摂取カロリーの目安はメンテナンスカロリーと同等くらいがいいでしょう。

メンテナンスカロリー
メンテナンスカロリーとは体重をキープするために必要なカロリー数であり、このメンテナンスカロリーより多くカロリーを増やせば体重は増え、逆にカロリーをマイナスにすれば体重は減る事となる。

ご自身のメンテナンスカロリーの計算方法は下のページに載っています。

メンテナンスカロリー計算

太りたくなければこのメンテナンスカロリーを意識し、それ以上のカロリーを摂りすぎないようにしてください。

タンパク質をいっぱい摂ろう

タンパク質はお腹が膨れやすく食欲を抑えてくれる効果もあり、太りにくい栄養素でもあります。

なのでタンパク質をいっぱい摂れば自然と食べ過ぎを防ぐことが出来るという事です。タンパク質はお肉やお魚などから摂れますが、脂質やカロリーが気になる場合はプロテインがおすすめです。

プロテインはタンパク質以外の余計な栄養素があまり含まれていない為低カロリーです。ダイエットでもプロテインなどは注目されている為、やはり食べ過ぎ予防の効果はあるのでしょう。

食事と一緒に摂ったり間食に飲むと良いですね。

ちなみにタンパク質の摂取量目安は1日に体重×1g、普段運動や筋トレをしている人なら体重×2~3gがおすすめです。

筋トレはリバウンド防止になる

筋トレをすれば基礎代謝が上がるのである程度リバウンド防止には効果があります。代謝が上がるという事は何もしない状態での消費カロリーが増えるという事なので、痩せやすく太りにくい身体になるのです。

僕自身も筋トレは行なっており、週に3回、1日30分程度を目安にトレーニングをしています。

慣れない内は週に2回でも大丈夫なので、近くにジムがあれば是非そちらで筋トレを習慣化させましょう。

筋トレのやり方などは僕のブログでいっぱい書いているので是非見ていってくださいね(^^)

太ったとしてもまた痩せればいい

これは僕個人の考え方ですが、全くそのまま体重を維持しなくても問題ないと思うんです。

何故ならまた痩せればいいから。

正しいダイエットの方法を学べば効率よく痩せる事が出来るようになるので、仮に太ったとしてもそこまで焦る事はないと思います。

なのでお腹周りに少し脂肪がついてきたなと感じたら、また糖質制限なり他のダイエットなりすればいいわけです。

ある程度体型を維持できていたら問題ないので、太りすぎる前に定期的にダイエットをするのも1つの手だと思います。

まとめ

●糖質制限後は普通に炭水化物や糖質を摂ってもいいが、脂質は摂りすぎないように気をつけよう。

●メンテナンスカロリーを意識して食べ過ぎに注意しよう。

●タンパク質をいっぱい摂れば自然と食べ過ぎを防ぐことができる。

●筋トレをすれば基礎代謝が上がるので痩せやすく太りにくい身体が手に入る。

●仮に太ったとしてもまたダイエットすれば問題ない。ある程度体型を維持したいなら太りすぎる前にダイエットを挟もう。


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能