確実に痩せる方法を学びませんか?

ダイエットノウハウを詰め込んだメルマガ講座が無料で見れる!

食欲を抑える方法

どうも、楽痩せダイエットコーチの梶原龍士郎です。

ダイエット中に食欲を抑えられずに余計に食べてしまうという悩みはございませんか?

食欲をコントロールする事はダイエットを成功させる上で必要な要素ですが、いくら食べても満足感が得られないという方は今回の記事を見て頂くと参考になるかもしれません。

食事で満足感が得られない原因

食事で満足感が得られないのはおそらくタンパク質不足によるものです。タンパク質はお肉やお魚大豆製品などから摂取できるものですが、このタンパク質が不足するといくら食べても満足感は得られないでしょう。

炭水化物や糖質をいくら食べても満足感はなかなか得られません。お菓子を食べ過ぎてしまうのはそのためです。僕も経験があるのですがタンパク質抜きで食事をしても満腹感や満足感は得られませんでした。

つまり必要なタンパク質量を摂取するまで人は摂取カロリーを増やしてしまう傾向にあると思います。

これは過去の研究でも明らかになっていて、タンパク質が多い食事を摂らせたグループは全体の摂取カロリーが減っていたらしく、全体の摂取カロリーの15%以下のタンパク質しか摂っていないグルーブは摂取カロリーが増えていたらしいです。

他にも炭水化物中心の食事しかとれない貧しい国の調査では、炭水化物を多く摂っているにもかかわらず栄養失調などにかかる人が多く、平均寿命もあまり高くない傾向にあるようです。

これらの事で考えられるのは、タンパク質を必要量摂取しないと健康的にダイエットを成功させることは難しい事だと言えそうです。

どれくらいのタンパク質を摂取すればいいのか?

ではどれくらいのタンパク質を摂ればいいのかというと、僕もブログを見ている方ならもうお分かりだと思いますが、

運動していない方だったら体重×1g、運動している方だったら体重×2~4gまで摂取しても健康的に全く問題ないとされています。

つまり体重が50㎏の人はタンパク質を50g~200gまで摂取するといいでしょう。

タンパク質は摂取すればするほど食欲が抑えられるという事が分かっているので食欲が抑えられない、食事で満足感が得られないという方はタンパク質中心の食事に切り替える事を考えたほうがよさそうです。

まとめ

●人は必要なタンパク質量を摂取するまで無制限に食べてしまう傾向がある

●食事でタンパク質の割合を増やすと自然と摂取カロリーが減る事が明らかになっている

 


ダイエット初心者700人以上をサポートしてきたコーチが送るメルマガ講座

短期間で効率よく、精神的に楽な方向で痩せれる方法を教えます!

自由自在にボディメイクができるようになる5日間の無料メール講座はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

■運動と食事管理を指導する、忙しい会社員の為の”楽痩せ”ダイエット術を専門としている。運動の効率化と無理なく最短で痩せれる食事の指導を最も得意とする。■「ダイエット、運動初心者700人」以上をサポートした経験があり、”具体的”で”分かりやすい”説明が可能